2014.10.13 Monday 00:14

田中こうすけ鍼灸マッサージ治療院開業2周年と試合シーズン

またまたご無沙汰してしまいました。


先日10月1日を持ちまして、

「田中こうすけ鍼灸マッサージ治療院」は

お蔭様で開業2周年を迎えることが出来ました。


今までは関係者皆様方の助けを借りて勢いだけで乗り切ってきたようなものですから、

これからは中身をより充実させていきたいと思っています。

皆様の期待に応えられように、さらに気を引き締めて精進していきたいと思っています。





さて、夏が終わってパワーリフティング業界では試合が続く季節になりました。


9月6、7日に開催された「第19回ジャパンクラシックマスターズパワーリフティング選手権大会」前後には
大ベテランのK入さん、同じジムのH川さんとT本さん、15年前に全日本大会で同階級で戦ったSさん、頑固オヤジH田さん。

10月19日に開催される「第64回東京都パワーリフティング選手権大会」に出場する
同じジムのT本さん、Y田先生、H太郎道場期待?の若手O辻君、同期?で7年ぶりに試合に出場するT君。

11月3-8日にアメリカ合衆国コロラド州オーロラ市にて開催されるパワーリフティング世界最高峰の試合
「第44回世界男子パワーリフティング選手権大会」に参加する日本代表のH太郎道場のボスk川さん。

10月18ー24日に韓国・仁川(インチョン)で開催されるアジアパラ競技会に参加する日本代表s野さん。

etc,,,,


試合前後の選手の方々が当治療院に来院されています。


大会のレベルは地方大会から世界大会まで幅はありますが、

参加される選手の皆さんは立場に違いこそあれ、時間や手間を犠牲にして本当に一生懸命競技に取り組んでいます。

そんな選手皆さんの「熱気」に負けないように、より一層施術に専心してきます!!

2014.08.13 Wednesday 16:18

患者さん紹介14 アームレスラー斎藤選手と村田選手のケア・コンディショニング

今回ご紹させて頂く患者さんはアームレスラーの斎藤誠司選手と村田晃章選手です。

両選手共にTeam FAC(府中アームレスリングクラブhttp://facarm.jp/)所属です。
6月に栃木県で開催されたオールジャパンアームレスリング連盟(AJAF)主催
「第13回オールジャパンアームレスリング選手権大会」にて、
一般男子A1ライトハンドで斎藤誠司選手は90垉蕁村田晃章選手は100堋教蕕任修譴召3位になりました。
おめでとうございます!!


腕相撲はお手軽で馴染み深い「力比べ」の一つだと思います。
しかし競技スポーツである「アームレスリング」は、皆さんの想像以上に駆け引きやテクニック、
そして力が必要とされる大変過酷で奥が深いものです。

僕は握力が70圓△蠅泙垢、選手には全く敵いません。
一般人は両腕でも選手に全く敵いません。
僕は強豪選手がなんと指1本で一般人に勝つ場面も見たことがあります!!



斎藤選手はイケメン選手としても有名で(?)僕と同じウェイトトレーニングジムに所属していたこと、
そして元同業者ということが縁で当治療院に来院するようになりました。
以前は減量して試合に臨んでいたのですが、階級を上げたところ
適正体重だったためか最近メキメキと実力を上げています。

斎藤選手は疲労が蓄積して痛みが出た時や、調子が悪化してしまった時に来院しています。
練習をハードに行うタイプなので、来院した時は大概満身創痍でトンデモナイことになっています(笑)。



村田選手は大相撲出身だけあって、188135圓箸いΔ泙些甲罎任呂目に掛からない巨大な体格をしています。
しかし素顔はとても腰が低くて優しい方です。

村田選手は胸鎖関節(鎖骨の内側端と胸骨の上端がつながっている関節)を痛め、
その後も騙し騙し三か月程練習を続けて、次第に肩も痛くなって可働域も狭くなってしまってから
試合の一か月前に来院しました。色々と治療を試したがあまり症状が改善しなかったとのことです。

来院後は比較的短期間で肩の痛みや可働域は回復し、
試合時は(もちろん本調子ではありませんが)思っていたよりも調子が良かったとの事です。
しかし試合で再び悪化させてしまいました。
現在は年末の試合でレフト(痛めた側)で出場することを目標に、
治療とリハビリトレーニングのアドバイスをさせて頂いています。


アームレスリングにおいて、上半身に掛かる負担の大きさは競技スポーツの中でもトップレベルだと思います。
このことは前腕や母指球に見られる驚異的な筋発達からも明らかです。
練習で身体に掛る負担が大きいが故に、殆どの選手は週に1回位しか実践練習を出来ないそうです。
また、競技レベルが上がるに従って負担が大きくなり、
怪我や痛みで思うように練習が出来ない選手が多いそうです。

他の競技スポーツに比べると、アームレスリング業界では
ケアやコンディショニングに対する関心がかなり低いように思われます。

全てのアスリートにおいて、ケアやコンディショニングは怪我からの回復促進や予防、
そして質の高い練習を継続的に行うためには大変有効なものであると思います。


肩や肘等の痛み、不調で困っているアームレスラーの方がいらっしゃいましたら、
ご相談の程お待ちしております。

※もちろん症状や個人差により施術の効果の差はあります。※





 

2014.07.01 Tuesday 17:15

おめでとうございます!!

6月21・22日に富山県にて、国内最大のパワーリフティングイベント「全日本パワーリフティング選手権」が開催されました。

老舗ジムに加え、近年多くのパワーリフティングジムが創立されて

団体優勝を巡る争いが激化している中、

私の約20年来の盟友、小早川渉選手率いる「速太郎道場」が創立2年目にして男子団体優勝を勝ち取る快挙を成し遂げました。

「速太郎道場」には以前のチームメイトが数多く在籍していることもあり、私も大変嬉しく思っています。




速太郎道場からは4人の選手が出場しましたが、

83垉蘊早川渉選手、66垉藝監5噌選手、93垉虧輪裕安選手

の3選手が当治療院に調整の為に来院していました。

3選手共に万全な状態ではありませんでした(みなさんボロボロでしたが・・・)が、


小早川選手は通算9回目の優勝、

佐藤選手は通算6回目の優勝と共に男子最優秀選手賞、


箕輪選手は47歳にして3種目・トータル全て自己ベスト!!と全日本最高順位5位


3選手共にキチンと結果を出しました。素晴らしい!!

少しでも彼らのパフォーマンスアップの手助けが出来たのであれば、治療家として幸いです。



「速太郎道場」の特徴は、特別な練習方法や練習器具の使用は殆ど行わずに、

基本を極限まで突き詰める事をモットーとしていることだと思います。

そして小早川選手の人柄と、パワーリフティングに対する妥協なき真摯な姿勢が

メンバーの結束と雰囲気を高め、各々のパフォーマンスを引き出しているのではないでしょうか?


「速太郎道場」には今年全日本に出場していないメンバーや育ち盛りの若手もいるので、

是非団体優勝の連覇を続けて、パワーリフティング界に一時代を築いてもらいたいと思います!!
 

2014.04.15 Tuesday 13:30

患者さん紹介?テレビ放映告知?の「レストラン ハッスル」

当治療院の最寄り駅は京王線・JR南武線分倍河原駅です。

高校生の時にパワーリフティング競技を始めて、一人暮らし、そして開業と分倍河原とは20年の付き合いになります。


分倍河原はのんびりとしていて緑も多く、暮らしやすい街だとは思いますが、

残念ながら美味しくてボリュームのある(ココ重要!!)御飯屋さんが殆どありません。


しかし、一軒だけ20年前から現在まで通っている御飯屋さんがあります。

分倍河原駅改札を出て左突き当たり2F(徒歩30秒)の「レストラン ハッスル」です。


高校、大学時代は「いかに筋肉をつけて体重を増やし強くなるか」ということしか考えていませんでした(笑)ので、

トレーニングと共に食事も重要視していました。

ほとんどの御飯屋さんだと全く量が物足りませんでしたが、

「レストラン ハッスル」だけが、練習終わりの血に飢えた野獣のような我々練習仲間達

(体重100團ーバーの連中多数)の胃袋を満たしてくれました。

ハッスルのお陰で(?)体重は64圓ら94圓泙覗えました。現在は85坩未任后

現在は週1回から2回、たっぷり食べて元気を付けたい時に通わせてもらっています。


「レストラン ハッスル」は名前の通り、ボリューム満点が売りの昔ながらの洋食屋さんです。

メニュー(名物ハッスル丼等)によっては普通盛りでも一般人の方々には手強いと思います。




これはチキンカツ+目玉焼きライス大盛り¥950でランチの定番です。

チキンカツの甘辛ソースが絶品です。


お店のマスターは高校卒業後に東芝ラグビー部から声が掛かったほどの猛者で、

今でも素人とは思えない体格をしています(笑)。そんなマスターの元に大食いのお客さんが集ってきます。

マスターには定期的に当治療院にも来院して頂き、プライベートでも可愛がって頂いています。


そんな「レストラン ハッスル」ですが、4月22日(火)19時54分〜からの

「テレビ東京 ありえへん∞世界知られざるご当地B級グルメ関東主要鉄道15連発スペシャル」

のJR南武線代表として放送されるそうです。

実は製作会社?が取材に来ていた時に、たまたま僕もお店にいてインタビューを受けたので、

ひょっとするとその場面も放送されるかも(笑)。


レストラン  ハッスル
http://happytown.orahoo.com/hutsle.846.com/

2014.03.31 Monday 15:39

府中市の桜の開花状況と施術料金改定のお知らせ

今日のお昼休みに、治療院周辺の税務署や中学校にある桜を観てきました。

7,8分咲きで、
昨日の強い風雨の影響はあまり受けていないような気がします。


桜と言えば、所属ジムが現在の場所に移転する前は、

近くに美好町公園という桜の名所があり、

東京大会の後にジムから折りたたみイスやベンチを持ち出して皆で花見をしたのが良い思い出です。





ところで皆様ご存知の様に2014年4月1日から消費税増税が実施されます。

つきましては明日4月1日から当治療院の施術料金を改定させて頂きます。

御了承の程よろしくお願い致します。

2014.03.27 Thursday 21:00

十数年ぶりの再会(僕ではありませんが、、、)

本日当治療院にて、十数年ぶりの患者さん同士の「再会」がありました。

吉田進さんとコーセーさんです。



進さんは言うまでもなく日本パワーリフティング界の重鎮にして、

僕が競技を始めたトレーニングジムのパワーハウスウェイトトレーニングクラブのオーナー、

そしてコーセーさんも進さんのジムでパワーリフティングを始め、

僕が治療院を始めるキッカケになった恩人です。


コーセーさんがうつぶせで鍼治療を受けている姿を進さんに見せて、

(※普段はこんなことしませんよ)誰だ?と問題を出したところ、

十数年間会っていないにも関わらず、

見事に「コーセーだ!!」と当てました。

まさか当てるとは思っていなかったのでビックリ!!


お2人と僕のお付き合いは、僕が高校2年生の時に始まり、

今やなんと20年になります。

20年前はお2人ともに患者さんになるとは全く想像していませんでした(笑)。


お2人は僕にとって大変お世話になっている先輩であると同時に、

おこがましいようですが、細かい事を話さなくても本心を理解しあえる戦友というか同志と勝手に思っています。


パワーリフティングという共通の趣味?に、同じチームで真剣に熱中した仲間だからこその間柄と言えるのではないでしょうか。

このような人間関係はなかなか得られるものではないので、大事にしていきたいと思っています。




 

2014.02.08 Saturday 16:26

雪・雪・雪・・・

今日の雪は凄いですね、、、

16時現在で15cm程積もっているのではないでしょうか?

なんだか風も強くなってきていて、雪が横殴りに降っています、、、


こんな天候なので、本日の施術の予約は全てキャンセルになってしまいました(泣)。




飛び込みのお客さんも来ないだろうと判断して、

ジムにパワーリフティングのトレーニングに行ってきました。

歩いて3分程のところにあるので、空き時間にトレーニングするには大変便利です。


今日はジムも空いているだろうと思ったら、意外にいつも通りの混み具合。

某世界チャンプは、普段はバイクで15分位の道程を、なんと自転車で約40分かけてジムに来ました。

さすがに世界チャンプともなると、練習に掛けるモティベーションがケタ違いです。

しかし全身汗でダラダラになり、珍しく「疲れた、まずトレーニングの前に寝たい」と弱音を吐いていました(笑)


僕は練習を終えた後、治療院の周りの雪かきを軽く行い、現在治療院にて待機中です。

今日はもう患者さん来ないだろうな、、、、









 

2014.01.14 Tuesday 15:37

遅れに遅れましたが、、、、

新年明けましておめでとうございます。
昨年は何かとお世話になりましてありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

新年早々珍しく体調を崩してしまい、ご挨拶が遅れました。
5日ぐらいから1週間程下痢とダルさ(熱?)が続き、仕事以外はダウンしていました。
年末からの暴飲暴食と疲労が祟ったのでしょう。
身体のタフさには自信がありますが、とっくに若くはないので、
これからは体調管理にも気を付けていきたいと思います。

今年の目標ですが、何事も「よく考えた上で積極的に攻めて行きたい」と思っています。
昨年は面倒なことを避けて何となく過ごしてしまった面がありましたので。


さて年末年始ですが、去年とほぼ同様に過ごしました。

大晦日と元旦は小早川選手
http://cobaluta.com/pt.html主宰の「速太郎道場」にて
パワーリフティングの年越し練習。








普通は1年間で最ものんびりしたいであろう時に、
敢えて重たいモノを持ち挙げたいという素敵な仲間(変態)達+3匹の犬が集いました。
このメンバーの僕を含む4人はなんと約20年の付き合いになります。
このような機会を設けてくれた小早川さんに感謝!!


1日は実家にて家族と過ごしました。弟の息子(3歳)が可愛い盛りでした。
お年玉代わりに買って行ったおもちゃに大喜び。
トイザラスで何を買うか迷った甲斐がありました。



2日は高尾山に始発で行ってきました。



とても天気が良く、頂上からの富士山も過去最高の美しさ。しかし写真だと伝わらないですね。
1日遅れの初日の出?も拝むことができました。

膝が痛いので、降りは軟弱なことに初めてリフトに乗りました。
意外に眺めが良く、ケーブルカーよりも断然オススメです。



 

2013.12.28 Saturday 19:01

年末年始の営業のお知らせ。

当治療院の年末年始の営業は以下の通りになります。



12月30日・・・・通常営業
12月31日・・・・休業
1月1日・・・・・・・休業
1月2日・・・・・・休業
1月3日・・・・・・休業
1月4日・・・・・・通常営業 



宜しくお願いいたします。  

2013.11.26 Tuesday 02:12

患者さん紹介13 バスケ部中学2年生女子のSさん

今回御紹介させて頂く患者さんはSさんです。

当治療院最年少の患者さんで中学2年生の女の子です。
小学生の時にバスケットボールを始めて現在学校のバスケットボール部に所属しています。



今回は付き添いのお母さんに写真を撮って頂きました。
Sさんのような中学生以下の患者さんの場合、意思の疎通が出来ているのかどうか分かりにくい場合が多いので、
保護者の方の付き添いは助かります。
しかし治療院に慣れてしまえば、逆に付き添いが無いほうが本音を聞きだせる場合もありますが(笑)


Sさんは今年の夏から両膝に痛みを感じ、某接骨院に通ったが症状が改善しないとのことで
10月初旬に来院しました。他の治療院で良くならなかったと聞くと僕は燃えてきます(笑)。

痛む場所は膝のお皿の下の脛(脛骨)の骨の出っ張りで、歩くだけでも痛いとの事。
その他の所見からも、成長痛としても知られているオスグッド・シュラッター症候群だと思われます。

この症状はなかなか改善されにくいものですが、Sさんは患部の変形や腫れ、熱感が少ないのが救いでしょうか。
我々の業界ではこの症状は安静が第一とされています。
しかしちょうど試合が続く時期なので部活は休みたくないとの事でした。
しかも練習の内容を聞いてみると、今時珍しい「ど根性長時間練習スタイル」でした。う〜む、、、、
僕もスポーツを真剣にやあっていた人間ですから、
患者さんのなるべく休みたくない気持ちは理解しているつもりです。

Sさんは患部の腫れや変形等が少ないので、疲労による筋肉の硬さや身体の捻れを減少させることができれば
患部の負担を減らし、痛みをコントロールできるのではないかと考えました。
しかし非常に運動量が多い&部活を休みたくないとの事なので、
疲労が蓄積すれば痛みは再び出現する事が推測されます。
この事をお母さんとSさんに説明して、痛みが収まるまでは週に1回のペースで来院するようにお願いしました。

初回はまず施術に慣れてもらう事と、痛みの発生機序と治療の進め方の説明を第一目的としました。
そして2回目から少しづつ施術の内容を詰めました。
その結果、10月末の3回目以降症状は消失したとのことでした。

そして先日(11月末)、再び症状が発生したとの事で約1ヶ月振りに来院されました。
その間に地区大会を勝ち残って都大会が始まり、そのうえ足が速いので市の駅伝大会のメンバーに選抜されて
さらなる練習が始まったとのことです。中学生とはいえ、ハードですなぁ、、、

運動量が非常に多い事が気になりますが、悪化する前に定期的に来院してもらえれば
今後もなんとか痛みをコントロールできるのではないかと思います。


Sさんのように、中・高校生で部活動に取り組んでいて痛みに悩んでいる方、
そして他の治療院で症状が改善されなかった方、
来院をお待ちしています!!

<<new | 2 / 6pages | old>>
 
CALENDAR
Web Site
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.